Changeset 24206


Ignore:
Timestamp:
2011-06-28T16:08:59+12:00 (12 years ago)
Author:
anna
Message:

Complete Japanese translation of GLI Help document. Many thanks to Gaku Yamaguchi

Location:
main/trunk/gli/help/ja
Files:
7 edited

Legend:

Unmodified
Added
Removed
  • main/trunk/gli/help/ja/designingacollection.htm

    r24184 r24206  
    1212
    1313
     14<p>ファむルがメタデヌタによっおマヌクアップされるず、次に゚ンドナヌザヌにどのようにドキュメントがアクセスされるかを決めるこずになりたす。どの皮類のæƒ
     15報が怜玢可胜でしょうかドキュメントのブラりズにどのような方法が提䟛されるでしょうかこれらの問題はカスタマむズできたすこの節ではどのように行うかを蚘述したす。</p>
    1416
    1517
  • main/trunk/gli/help/ja/explodingfiles.htm

    r24184 r24206  
    1212
    1313
    14 <p> MARC, OAI, CDS/ISIS, BibTex, Refer and ProCiteなどのメタデヌタ・デヌタベヌスのファむルの圢匏はグリヌンストヌンにむンポヌトできたすが、そのメタデヌタはラむブラリアン・むンタヌf-゚スで盎接衚瀺したり線集するこずはできたせん。しかしながら、ラむブラリアン・むンタヌフェヌスでファむルを「展開」し、その埌でメタデヌタを衚瀺したり線集できたす。その代わりに、䞻芁な倖郚のアプリケヌションを䜿甚しおいる堎合は、ファむルを䜜成したプログラムに戻っお、蚂正を行っおから、再むンポヌトするこずができたす。</p>
     14<p>MARC, OAI, CDS/ISIS, BibTex, Refer and ProCiteなどのメタデヌタ・デヌタベヌスのファむルの圢匏はグリヌンストヌンにむンポヌトできたすが、そのメタデヌタはラむブラリアン・むンタヌf-゚スで盎接衚瀺したり線集するこずはできたせん。しかしながら、ラむブラリアン・むンタヌフェヌスでファむルを「展開」し、その埌でメタデヌタを衚瀺したり線集できたす。その代わりに、䞻芁な倖郚のアプリケヌションを䜿甚しおいる堎合は、ファむルを䜜成したプログラムに戻っお、蚂正を行っおから、再むンポヌトするこずができたす。</p>
    1515
    1616<p>メタデヌタ・デヌタベヌス・ファむルを「展開」するず、衚瀺・線集可胜なメタデヌタが付䞎された個別のレコヌトに分割されたす。この操䜜はå
  • main/trunk/gli/help/ja/help.xml

    r24184 r24206  
    3434芁な時にどのようにヘルプが埗られるか分かれば十分です。</Text>
    3535<Text id="14">特定のコンテキストの「ヘルプ」アむコンをクリックし、適切なヘルプ・テキストを䜜成するか疑問笊が぀いた適切なヘルプ・ヘディングをマヌクする。</Text>
    36 <!-- Missing translation: 15 -->
     36<Text id="15">制埡に぀いおは、マりスをその䞊に眮くずどのように制埡をおこなうかを指瀺する「ツヌルチップ」が衚瀺されたす。</Text>
    3737<Text id="16">ラむブラリアン・むンタヌフェヌスを䜿甚する前に、最初にグリヌンストンのドキュメンテヌションをご芧䞋さい。</Text>
    3838</Section>
     
    200200<Text id="exm-1">メタデヌタファむルを「展開」する</Text>
    201201</Title>
    202 <Text id="exm-2"> MARC, OAI, CDS/ISIS, BibTex, Refer and ProCiteなどのメタデヌタ・デヌタベヌスのファむルの圢匏はグリヌンストヌンにむンポヌトできたすが、そのメタデヌタはラむブラリアン・むンタヌf-゚スで盎接衚瀺したり線集するこずはできたせん。しかしながら、ラむブラリアン・むンタヌフェヌスでファむルを「展開」し、その埌でメタデヌタを衚瀺したり線集できたす。その代わりに、䞻芁な倖郚のアプリケヌションを䜿甚しおいる堎合は、ファむルを䜜成したプログラムに戻っお、蚂正を行っおから、再むンポヌトするこずができたす。</Text>
     202<Text id="exm-2">MARC, OAI, CDS/ISIS, BibTex, Refer and ProCiteなどのメタデヌタ・デヌタベヌスのファむルの圢匏はグリヌンストヌンにむンポヌトできたすが、そのメタデヌタはラむブラリアン・むンタヌf-゚スで盎接衚瀺したり線集するこずはできたせん。しかしながら、ラむブラリアン・むンタヌフェヌスでファむルを「展開」し、その埌でメタデヌタを衚瀺したり線集できたす。その代わりに、䞻芁な倖郚のアプリケヌションを䜿甚しおいる堎合は、ファむルを䜜成したプログラムに戻っお、蚂正を行っおから、再むンポヌトするこずができたす。</Text>
    203203<Text id="exm-3">メタデヌタ・デヌタベヌス・ファむルを「展開」するず、衚瀺・線集可胜なメタデヌタが付䞎された個別のレコヌトに分割されたす。この操䜜はå
    204204ƒã«æˆ»ã™ã“ずができたせん。å
     
    244244などを知らせ、<AutoText key="glidict::Metadata.Value"/>はメタデヌタ゚レメントの倀著è€
    245245名などを䞎えたす。</Text>
    246 <Text id="77"> <AutoText key="glidict::GUI.Enrich"/>ビュヌの巊偎に</Text>
     246<Text id="77"><AutoText key="glidict::GUI.Enrich"/>ビュヌの巊偎に</Text>
    247247<Text id="78">フォルダヌアむコンがメタデヌタ゚ントリヌの脇に衚瀺されたす。倀は芪å
    248248ƒïŒ‰ãƒ•ã‚©ãƒ«ãƒ€ãƒŒã‹ã‚‰å—け継がれるこずを瀺しおいたす。受け継がれたメタデヌタは線集・削陀できたせん。添付できるだけです。</Text>
     
    344344<Text id="110">コレクションを構成する</Text>
    345345</Title>
    346 <!-- Missing translation: 111 -->
     346<Text id="111">ファむルがメタデヌタによっおマヌクアップされるず、次に゚ンドナヌザヌにどのようにドキュメントがアクセスされるかを決めるこずになりたす。どの皮類のæƒ
     347報が怜玢可胜でしょうかドキュメントのブラりズにどのような方法が提䟛されるでしょうかこれらの問題はカスタマむズできたすこの節ではどのように行うかを蚘述したす。</Text>
    347348<Section name="thedesignview">
    348349<Title>
     
    360361<Text id="121">ドキュメント・プラグむン</Text>
    361362</Title>
    362 <!-- Missing translation: 122 -->
     363<Text id="122">この節ではコレクションが䜿甚するドキュメントのプラグむンをどのように構築するかに぀いお蚘述したす。どのプラグむンを䜿甚するかを決める方法ずどのパラメヌタヌをプラグむンに枡すか、どの順序で実行するかを説明したす。「デザむン」タブの䞋の、「ドキュメント プラグむン」をクリックしおください。</Text>
    363364<Text id="123">プラグむンを远加するには、䞋郚にある「远加するプラグむンを遞択する」プルダりンリストを䜿甚しお遞択しおから、「プラグむンを远加する」をクリックしたす。「関数を蚭定する」りむンドりが衚瀺され、埌で蚘述されたす。新芏のプラグむンを蚭定するず、「プラグむンを割り圓おる」リストの最終に远加されたす。䞀般的に各プラグむンは䞀぀のむンスタンスしかありたせん。しかし䞀぀以䞊のプラグむンを远加できたす;この堎合、結果を有効にするために、耇数のむンスタンスが通垞個別に蚭定されたすたずえば the process_exp関数のセットなどです。http://wiki.greenstone.org/wiki/gsdoc/tutorial/en/enhanced_pdf.htm を参ç
    364365§ã—おください。 </Text>
     
    382383<Text id="s1-3a">MG indexesに぀いおは、<AutoText key="glidict::CDM.IndexManager.Level"/>メニュヌを䜿甚しおむンデックスのを遞択するå¿
    383384芁がありたす。</Text>
    384 <Text id="si-4"> MGPP ずルシヌヌのむンデックスに぀いおは、むンデックスの粟床はむンデックスごずではなく、åŒ
     385<Text id="si-4">MGPP ずルシヌヌのむンデックスに぀いおは、むンデックスの粟床はむンデックスごずではなく、åŒ
    385386括的に決定されたす。可胜なレベルはメむンの<AutoText key="glidict::CDM.GUI.Indexes"/>画面に衚瀺され、チェックボックスをチェックするこずでコレクションに远加されたす。<AutoText key="glidict::CDM.IndexManager.Add_Index"/> </Text>
    386387<Text id="si-5">特別なむンデックスがMGPP ずルシヌヌで利甚可胜ですå
  • main/trunk/gli/help/ja/howtoavoidthisdocument.htm

    r24184 r24206  
    1919<p>特定のコンテキストの「ヘルプ」アむコンをクリックし、適切なヘルプ・テキストを䜜成するか疑問笊が぀いた適切なヘルプ・ヘディングをマヌクする。</p>
    2020
     21<p>制埡に぀いおは、マりスをその䞊に眮くずどのように制埡をおこなうかを指瀺する「ツヌルチップ」が衚瀺されたす。</p>
    2122
    2223<p>ラむブラリアン・むンタヌフェヌスを䜿甚する前に、最初にグリヌンストンのドキュメンテヌションをご芧䞋さい。</p>
  • main/trunk/gli/help/ja/plugins.htm

    r24184 r24206  
    1212
    1313
     14<p>この節ではコレクションが䜿甚するドキュメントのプラグむンをどのように構築するかに぀いお蚘述したす。どのプラグむンを䜿甚するかを決める方法ずどのパラメヌタヌをプラグむンに枡すか、どの順序で実行するかを説明したす。「デザむン」タブの䞋の、「ドキュメント プラグむン」をクリックしおください。</p>
    1415
    1516<p>プラグむンを远加するには、䞋郚にある「远加するプラグむンを遞択する」プルダりンリストを䜿甚しお遞択しおから、「プラグむンを远加する」をクリックしたす。「関数を蚭定する」りむンドりが衚瀺され、埌で蚘述されたす。新芏のプラグむンを蚭定するず、「プラグむンを割り圓おる」リストの最終に远加されたす。䞀般的に各プラグむンは䞀぀のむンスタンスしかありたせん。しかし䞀぀以䞊のプラグむンを远加できたす;この堎合、結果を有効にするために、耇数のむンスタンスが通垞個別に蚭定されたすたずえば the process_exp関数のセットなどです。http://wiki.greenstone.org/wiki/gsdoc/tutorial/en/enhanced_pdf.htm を参ç
  • main/trunk/gli/help/ja/searchindexes.htm

    r24184 r24206  
    2626芁がありたす。</p>
    2727
    28 <p> MGPP ずルシヌヌのむンデックスに぀いおは、むンデックスの粟床はむンデックスごずではなく、åŒ
     28<p>MGPP ずルシヌヌのむンデックスに぀いおは、むンデックスの粟床はむンデックスごずではなく、åŒ
    2929括的に決定されたす。可胜なレベルはメむンの"玢匕を怜玢する  "画面に衚瀺され、チェックボックスをチェックするこずでコレクションに远加されたす。"玢匕を远加する  " </p>
    3030
  • main/trunk/gli/help/ja/theenrichview.htm

    r24184 r24206  
    1919名などを䞎えたす。</p>
    2020
    21 <p> 
     21<p>
    2222
    2323実させる  "ビュヌの巊偎に</p>
Note: See TracChangeset for help on using the changeset viewer.